子育てしながら働きやすい会社10選・2022

+11

これまではたママではたくさんの「子育てしながらでも働きやすい」企業様にインタビューをさせていただきました。

「子育てしながら働きやすい会社10選(2022年版)」として、編集部が誠に勝手ながら選ばせて頂きました。実際、インタビューさせて頂いた全ての企業様はとても働きやすそうな会社でしたので、10社に絞り込むのにはとても苦労しました…!

今回は過去のインタビュー記事の中から特に子育てしながらでも働きやすいことがわかる企業様10社に絞らせて頂きました。

✴︎ランダムに掲載しております。

江崎グリコ株式会社 

ライターO山:男性育休の必須化に取り組んでいる。他にも、在宅勤務の取り入れや育児中の社員にとって仕事と育児のバランスが取りやすい社内制度が整っている点が素晴らしいと思いました。

いっちー社長:育休取得率100%、男性社員の育休必須はとても大事なことです。男性社員にも育児の大変さを知る良い機会となると思います。今年の4月に育児・介護休業法が改定され、男性育休の重要性が注目されていますが、いち早くその事に気づき、取り組まれていらっしゃいます。

 

編集部T:誰もが知っている歴史ある大企業でありながら、テレワークや男性育休取得の取り組みがトップダウンという背景が良いと思いました。

江崎グリコ株式会社とは…
美味しいだけでなく健康にも配慮していて、安心安全に食べられる喜びと幸せを与える商品を展開。現代の社会課題などに向き合う中で、子どもとその成長に関わるパパやママ、周りの大人たちもサポートできるような取り組みをしていきたいという想いから「Co育てPROJECT」を進行中。



▼記事はこちら

 

八尾トーヨー住器株式会社

ライターO山:70年代から続く歴史ある企業でありながら、古い価値観を捨て、テレワークやSDGSに取り組む姿勢は賞賛に値するのでは。この環境で働くことは、自分を取り巻く全ての環境を豊かにするのでは、と思いました。

いっちー社長:子育て中の女性は急な用事で抜けたり休むことが避けられないという点で子育て層の採用が積極的ではなかった過去の会社の状況に疑問を感じられる金子代表の姿勢が素晴らしいです。そして、現在は生涯安心して働ける会社を作ろうと取り組まれています。SDGsにも積極的で社員が誇りを持てる会社だと感じました。

 

編集部T:昔ながらの考えではなく、いまの価値観にあった働き方改革を積極的に取り入れているところが良いと思いました。

 

八尾トーヨー住器株式会社とは…
1974年の設立以来、サッシをはじめとする住宅設備機器の販売において、リーディングカンパニーの座を築いている。建築業界では珍しく、SDGsに取り組まれています。



▼記事はこちら

 

株式会社ヌーラボ

ライターO山:一年以上、男性育休取得したという実績が素晴らしい。復帰するにあたって不安がないように、事前に連絡を取り合うのもいいなと思いました。

 

いっちー社長:夫婦で交互に育休を長期に取得できたこと、男性でも1年以上育休を取得できたことが素晴らしいです。そして、インタビューの中で夫婦2人で育休をしたからこそ見えた「育児の課題」を話してくださりました。仕事以外でも、とても貴重な体験を社員にさせてくれる、本当に社員を大切にしている会社だと思いました。

 

 

編集部T:育児休暇中だと、どうしても会社との繋がりが薄くなってしまい不安になってしまうことも。専用のチャットルームがあり、復帰後の相談などが気軽にできるのが嬉しい環境だと思いました。また復帰後でも、有給休暇とは別に「子育て休暇」があるのが、子どもも大切にしてくれるのが嬉しい制度だと思いました。

 

 

 

株式会社ヌーラボとは…
福岡を中心とし、国内にとどまらず世界にも拠点を置く、チームのタスクを共有できるツールやサービスを開発している企業です。

 

▼記事はこちら

 

 

株式会社エイチームライフスタイル

いっちー社長:出産・育児支援などを行うファミリーサポート制度(ファミサポ)というものを作り、子育てをする社員が働きやすい職場環境を作っているそうです。ファミサポでは、育児だけでなく、介護関連の支援も行っている点が素晴らしいです。

 

ライターO山:社員の声をしっかりとすくい上げ、制度に反映しているのがいいなと思いました。

 

株式会社エイチームとは…

インターネットを軸に多様な技術領域・ビジネス領域において事業を展開する総合IT企業。ライフスタイルサポート事業として、ライフエンディング情報サイト「Life.」など、生活に密着したWebサービスを展開。



▼記事はこちら

 

 

 

株式会社アカツキ

いっちー社長:手厚い手当が魅力的です。シッター代を全額会社が負担するなんてすごいですね。ゲーム事業というと、とてもハードな職場で、子育てしながら働くなんてとてもできないのではないかというイメージを持っていましたが、インタビューを読んで驚きました。好きな仕事も、子育ても、両方諦めずに続けられる。そんなアカツキさんのような会社が増えると良いなと思いました。

 

編集部T:ワーママだけではなく、子どものサポート(特に子どもが病気のときに預けれる)をしてくれるところがいいですね!

株式会社アカツキとは…
ゲーム事業やIP(知的財産)事業を展開する。2010年にマンションの一室で創業し、今や海外に拠点をおくまでに成長している。

 

▼記事はこちら

 

 

セントワークス株式会社 

ライターO山:男性育休の取得普及に努めている一之瀬さんの行動力に感激しました! 社会全体の問題として提起している姿勢が素晴らしいです。

 

編集部T:男性も育児休暇の制度としてはあるのに取得しにくい風潮がまだまだあるのが現状。その状況を打破すべく、社内外で「男性育休取得」の大切さを啓蒙している一之瀬一瀬さんの行動力に感激しました。

 

 

セントワークス株式会社とは…
介護事業者を支援するシステム開発・販売や人材派遣紹介を展開。社内では、「ワーク・ライフバランス」を推進したことをきっかけに、介護の分野に限らずさまざまな企業へのコンサルティングや研修も手掛けています。

 

▼記事はこちら

 

 

 

株式会社Wiz

ライターO山「誰と働くか」を信条としているところ。自分たちの背中を後から入った社員達に見せ、後に続きたい、この会社なら産休や育休を取得しても大丈夫、という考えに至らせていて素晴らしいです。

 

 

いっちー社長:インタビューの中で、もっと働きやすくしよう、社員を大切にしようという会社の姿勢が伝わってきました。「子どもの体調不良でお休みします」と言っても、絶対嫌な顔をされない、上辺だけでなく本当に社員を大切にしようという姿勢が社員に浸透している証拠だと思いました。

 

株式会社Wizとは…
「売る」と「創る」で新しい価値を創造し、幅広く事業展開。世の中のIoT・ICT化の流れに沿い、 ITインフラを世の中に普及させるべく、国全体のデジタルトランスフォーメーションに貢献していくことをミッションとしている。



▼記事はこちら

 

ムーンムーン株式会社

ライターO山:地方でありながら、ワーママの立場に立ち、創業当時からテレワークを取り入れているところが良いと思いました。

ムーンムーン株式会社とは…
熊本県で睡眠グッズを製造販売。働き方についても社員の意見を参考に変革している。創業の2011年7月13日(約10年前)からいち早く取り入れ、総務省が主催する「テレワーク先駆者百選」にも選出されている。

 

▼記事はこちら

 

株式会社東雲火山

編集部T:働ける時間がたとえ週1だとしても、働けるチャンスがあるところ。働きたいけれど、フルタイムで復帰は難しい人が大勢いるというのが現状ではないでしょうか。東雲火山さんでは、柔軟性のある働き方が可能なので子育て世代にとって心強いと思いました。

株式会社東雲火山とは…

主にWEB/ゲーム系の受託・請負開発と自社サービス開発を行っている。



▼記事はこちら

 

 

株式会社チームスピリット

いっちー社長:リモートワーク手当や傷病休暇、アニバーサリー休暇など社員1人ひとりがより安心して長く働ける制度を整えていらっしゃるようです。メンター制度もあり、孤独にならない仕組みもリモートワークで働く上では大切な制度だと思います。

 

株式会社チームスピリットとは…
企業向け業務クラウドサービス「TeamSpirit」を提供。「TeamSpirit」は、勤怠管理や工数管理、経費精算といった社員が毎日使う社内業務を一元で管理が可能。

 

▼記事はこちら

 

 


▼【インタビュー出演・求人記事掲載】子育てワーカー応援企業様、募集しております !

 

編集後記

 

はたママが発足したのが2019年。そこから今に至るまで、様々な企業の方とお話しさせていただきました。子育て世代がいかに働きやすくするために制度を整えている企業が多いのだな、と改めて感激。今年度も、素晴らしい取り組みをしている企業のご紹介を読者のみなさまにお届けしたいと思います!
また、私たちはたママ編集部が所属す株式会社シンプルメーカーでは、子育てを理由にキャリアを諦めてしまった方たちを積極的に採用し、キャリアをつなぐ支援をしています。今後も子育てしている方たちが働きやすい社会を作っていくために、活動を続けて行きたいと思っていますので、応援を宜しくお願い致します!

+11
タイトルとURLをコピーしました