子育てと仕事、どちらも自分らしく思いっきり楽しみたい

+4


長崎県大村市に本社を構え、グローバルに拠点を持つ株式会社GlobalB(グローバルビー)
kintoneを活用した独自のシステムMETOOSを開発し展開、2019年には「サイボウズニューウェーブ賞」を受賞!そんな勢いのある同社は、社員数13名と少数精鋭。今回は、3人のママでありセールス&プロジェクトマネージャーとして業務改善支援を担当されているよしみさんにお話を伺いました。

業務改善支援のプロ!だから、職場も働きやすい

― 御社の理念、事業内容を教えてください。

GlobalBのBは『ブリッジする』から由来しています。

「わたしたちはITを通して、人、時間、空間あらゆるものをブリッジします。ブリッジとは、うめる つなぐ はぶく 円滑にする などを意味し、関わるひとたちをハッピーにするために、ブリッジし続けます。」

を経営理念にかかげ、サイボウズ社のkintoneを活用したクラウド型社内システムMETOOS、多言語対応kintone連携サービスLITONEによる業務改善支援やWebサイトや動画制作を行っています。その他、テレワーク支援やSNSの広告運用等も手がけています。

― 働きやすい環境への取り組みを教えてください。

私たちは、以下のような制度を取り入れています。

  • フルリモート勤務可能
  • 自宅での業務品支給
  • フレックスタイム
  • 誕生日祝品
  • 社内研修・社外研修
  • 産休・育休制度

子ども達からみても楽しそうな私の仕事姿

プロフィール
名前:田川 好美(※インタビュー中では、よしみさん)
職業:セールス&プロジェクトマネージャー
お子さんの年齢:20歳、18歳、8歳
居住地:長崎県佐世保市
twitter

note

―入社のきっかけを教えてください

別の会社で総務・営業アシスタント職に就き、自社のkintone構築業務を行っていました。当時、佐世保市でkintoneを使って業務改善をしている会社は少なく、ある方にGlobalB代表の山本さんと佐藤さんに引き合わせていただいて、それがご縁でGlobalBでお仕事をするようになりました。

― 御社は完全テレワークですよね?

そうですね。デスクワークは自宅でしています。訪問先へも直行直帰ですね。


―  お子さんが3人いらっしゃると。育児をしながら働かれていますが、御社はずばり働きやすいですか?

フルフレックス制なので、子どもの予定に合わせて抜けることができたりするのはすごく助かっています。小学生の次男が通級で別の小学校に行く曜日があるのですが、その時は必ず送迎が必要になります。日中に3時間くらい抜けるので、フレックスはすごくありがたいです。
あとは、小学校の宿題も見てあげられます!

― 勉強を見てあげているのですね…!

小学生になると必要になりますね。前の会社の時は出社スタイルで、帰りが夜の20時や21時だったので、全く見てあげられず母に任せっきりでした。それが自分で見てあげられるようになったのは大きな変化でした。

― お子さん達もママの働き方の変化に驚いたのではないですか?

そうですね。家で作業している時は、「おかえり」と言えるようになりました。

高校生の娘が、夏休みの作文課題に「お母さんの職場が変わって「おかえりなさい」と毎日言ってもらえるようになったこと」や「お母さんが自宅で仕事をできるようになったこと、離れたところに住んでいるお母さんの友だちとリモートでオンラインのボードゲームをしたこと」を書いて提出したのだそうです。生後2ヶ月の頃から保育園に預けていて長期休みもなかなか一緒に過ごすことができなかったので、子どもにとっても大きな変化だったのだと思います。

家にいるからか、無理難題ふってきますけどね。「迎えにきて」とか…。いや、勤務中ですけどって(笑)。


― (笑)。では、やっぱり課題は、オンオフの付け方というところでしょうか?

そうですね。そこはしっかりしなくてはいけないなと感じています!1人ならまだ良いのですが、子どもが2人以上いる時は、「わー、きゃー」とうるさくて…時々、子どもは家にいて、私は外に行って仕事をしていたりします。

テレワーク環境

広く使えるL字テーブルに、回転椅子で集中!お花のサブスクで気分を上げます♪

― よしみさんの現在のお仕事や働き方をご家族はどう感じていると思いますか?

上の子2人は、楽しそうに働いているな〜と思っているようです。
まず、高校生の娘は、私と同じような仕事につきたいと考え始めたようです。異業種で働いている社会人の息子は、先月初めて、GlobalBの研修に私と一緒に参加しました。その時、GlobalBのメンバーに会い、働いている人がみんな楽しそう!と言っていましたね。

― とてもいい関係ですね!

スキルの向上、困った時の助け合いができる環境

会社の研修というのはどんなことをするのでしょうか?

月に一度、マネジメントゲームという戦略MQ会計の研修を行なっています。その研修を通して経営者目線で仕事を行えるようになります。自走できる人を増やす目的で開催されていて、社内外の人が参加します。

― どなたが中心になって開催されているのですか?

弊社の代表である山本が、マネジメントゲームのインストラクターの資格を持っていて、昨年から定期的に開催するようになりました。研修用のLINE公式もあり、社内外の参加メンバーに登録してもらって、そこでスケジュールや参加の有無を連絡したりできるようにしてます。

―よしみさんは、この機会でどのようなことを得たり、感じたりしていますか?

会社としてこういう研修に参加できるのはとてもありがたいと思っています。
社員教育に力をいれる事ができない企業さんも多くいらっしゃると思います。知識の習得やスキルアップは個人個人に任せていたり。会社として応援してくれるというのはすごくありがたいと思ってます。


― よしみさん、とってもカラッとした笑顔が素敵で、あまり悩まれる様子が想像できないのですが…

ありますよ!もっと上手に仕事できたら良いのにな〜って思うことも多いですしね。

― 悩んだ時はどうやって解消されるのですか?

どうしても仕事が回らない〜ってなった時は、上の人達に相談します(笑)。
そうそう。同僚が描いてくれた似顔絵をみんな仕事用のチャットアイコンにしていますが、背景色が違うものが3つ用意されています。緑、黄色、赤で、これが忙しさを表していて、普通のときは緑で、黄色のときは「ちょっと忙しい」、赤は「もうダメだー」というのを表しています。このアイコンを使い分けて、社内の人に状況をわかってもらう工夫をしています。
そうすると、赤の時に少し余裕のある人が、何かもらおうか?と声かけてくれたりします。

― とっても良い取り組みですね。アイコンを変えるだけで良いという。そして、アイコンも可愛いですね!赤のよしみさん…追い込まれています…(笑)!

 

困ったときは、チャットアイコンを変えてSOS!

これからの私の働き方、生き方

― よしみさんは、3人のお子さんがいながら前の職場でも育休をとっていらっしゃらなかったのですよね?やっぱりお仕事が好きなのですね!

確かに適度に仕事をしている方が調子がよいですね。どちらかというと家事の方が苦手です(笑)。

― そうなのですね。そういうご自身のタイプを理解しているというのは、重要なことですよね!今後はどのように働いていきたいですか?

とにかく楽しく働いていきたいです!!

―ありがとうございました!

編集後記

 

お話をお伺いする中で、お仕事を楽しむ気持ち、そして、3人のお子さん一人ひとりをとても大切に思っていらっしゃるのを感じました。そんなよしみさんにとって、自分自身でその時々の優先事項を決定できるGlobalBでの働き方は、とても合っていらっしゃるのだなと納得。これから、事業を拡大されていく中で、よしみさんのご活躍の幅もますます広がり重要になっていくのだと思います。お子さんのご成長もエネルギーに変えて、輝いてください〜!と同じママの私は応援したくなりました。

そして、GlobalBの組織運営は、様々な企業さんが参考にされたい要素がつまっているように感じます。社外の方も含めた研修やアイコンの使い分けなどオープンで風通しの良い、職場環境なのですね。

 

+4
タイトルとURLをコピーしました