ストレスフリーな生き方・働き方をしながら、自分が一番やりたいことを学んでいます

企業のパソコン業務効率化を支援する、Excel専門のシステム開発の株式会社セルネッツ。全国各地にスタッフが在籍し、子育て中の女性が活躍している環境だそうです。
今回は、同社で管理部全般の仕事をされながら、ご自身がとても好きだとおっしゃるExcelについて学んでいる橋本知美さんに、働く環境とこれからの目標に関してお話を伺いました。

子育てと自分の好きなこと、両方を叶えられる環境

橋本知美さんのプロフィール

職業:管理部(人事、経理、総務、広報)全般・システム開発
お子さんの年齢:6歳
居住地:東京都
勤務形態:業務委託契約

―入社のきっかけを教えてください。
以前は企業で正社員として働いていました。中でもExcelを使って業務を効率的にする仕事が大好きだったので、それを専門にするお仕事を探していました。同時に、子育て中でもあるので、子どもの予定やアクシデントに柔軟に対応できる在宅勤務も魅力的だな、と思っていたところ両方を一気に叶えるセルネッツを見つけ、すぐに応募しました。

―担当されている業務内容を教えてください。
開発スタッフとして入社したものの、現在はこれまで経験のある、採用や経理、総務といった管理業務全般をメインで担当しています。業務の合間でVBA(マクロを作成するためのプログラミング言語)の学習をしつつ、ある程度開発ができる段階になったら易しい案件から挑戦していきたいと思っています。
当社には、これまでプログラマー経験がなくても「開発スタッフ」として入社し、活躍している子育て中の女性スタッフが大勢いるので、早く私もその仲間入りをしたいな、と思っています。

―現在の働き方を教えてください。
フルリモートで、1日3~7時間程度の勤務時間です。任された業務とプライベートのスケジュールを調整しながら業務をしています。

―子育てと仕事をしながら、どのように勉強されているのでしょうか?
業務委託という勤務形態を生かして、空き時間にyoutubeや社内でのオンライン学習サイトを利用して学んでいます。

―自分が求めていた環境に飛び込み、実際いかがでしたか?
開発に関わりたくて入社したので、まだ自分がやろうと思ったところにはたどり着けていません。ですが、バランスよく仕事ができているとは思います。今までの経験が行かせる管理部門の仕事をしつつ、新たに学びたいことを勉強できる環境に身を置けていますね。

―前職は正社員で働かれていたそうですね。業務委託となって時間の使い方も変わりましたか?全然違いますね。前職でもほとんど在宅勤務ではあったのですが、22時以降は仕事をしてはいけないなど就業規則がいろいろとありました。実際は子どもがいると、子どもが寝た後の22時からがフリーの時間、私の仕事のパラダイス(!)なのに……というジレンマが。
今は業務が発生すれば仕事をしますが、発生しなければ自分の時間になります。その時間に勉強をしたり、家のことをしたりできます。自己責任で、縛られない働き方ができるのがいいですね。

ゼネラリストから自分の得意分野で勝負する働き方にチャレンジ

―管理業務はお一人で担当されているのですか?フルリモートだと、孤独感やコミュニケーションが取りづらいことはありませんか?
管理業務自体は一人で担当していますが、孤独感はあまりありません。
当社代表の竹本(写真中央)が非常にオープンマインドな方で、「困ったことがあったらすぐ電話して良いからね!」という感じなので、メールより電話の方が早ければすぐに電話で確認してしまいます。定期的にWeb会議もありますし、それ以外は自分の業務に集中できるのでとても助かっています。またメールだと伝えられないニュアンス、間違った印象を与えそうな事もあるので、フルリモートだからこそ、メールだけに頼らず直接のコミュニケーションを大事にしていますね。
上司の金子(写真左)は開発部と管理部と両方見てくれているのですが、思考がまとまらない時にシンプルな考え方ができるようにさらっとアドバイスしてくれるので、とても心強いです。

―在宅勤務のとき、気分転換はどんなことをされていますか?
夫もほぼ在宅勤務です。それぞれの個室で仕事をして、お昼は時間が合えば一緒に食べますし、コーヒーを淹れがてらペットの様子を見たりしています。完全に1人ではないのも、孤独感があまりない要因かもしれません。

―現在の働き方のメリットと課題について教えてください。
メリットはやはり時間的な自由でしょうか。通勤等に掛かっていた時間分余裕がありますし、少しの用事は業務の合間にこなせます。あとはExcel業務に特化しているので自分の伸ばしたいスキルや経験を集中して積めると思います。
課題は今のところあまり感じません。ただ、フリーランスで働く時にはビジネススキルや業務スキルはもちろん、主体性が持てるか、能動的に動けるかは非常に重要だと思います。誰かに聞かないと何も判断ができないような受け身の人にとっては厳しい気がします。

―どうして業務委託という働き方を選択されたのでしょうか?
これまでは企業に属して、ビジネススキルや仕事のいろはから、さまざまな職種、幅広い業務を経験させていただきました。ある程度の年齢になると今度は後進育成や管理職なども担当してある程度充実していましたが、アウトプットばかりでスキルをインプットする時間がなく、“自分の武器はこれです!”と胸を張れるものが育ってないな、と感じるように…。
これからの時代は平均的になんでもこなせるより、得意分野が1つ光った方が良いのではないか?と考えた時に、自分の得意分野を磨いて、それで勝負していく働き方にチェンジしたいと考えるようになりました。

―子育ては続きますが、今後のご自身のキャリアをどのように考えていらっしゃいますか。
今はどうしても子育てに時間が取られてしまうので、無理のない範囲で仕事をしながら、知識もインプットする時期と割り切っています。
子どもがある程度大きくなって自分の世界を持ち始めたら、私も仕事に没頭したいです。

女性エンジニアの育成に力を入れています!

【株式会社セルネッツの事業内容について】
株式会社セルネッツ は、企業のパソコン業務効率化を支援する、Excel専門のシステム開発会社です。

[1]TOPページ https://www.cellnets.co.jp/
[2]会社概要 https://www.cellnets.co.jp/company/
[3]採用情報 https://www.cellnets.co.jp/recruit/
[4]TAKEMO塾 https://takemo-juku.com/
→オンライン学習サイト(動画で学べる無料プログラミング講座)

業務効率化は、高額なシステム導入をすれば自動的に解決できるものではありません。
問題の本質に向き合うと、身近なところに改善のヒントがあることに気付きます。
業務効率化は、身の丈レベルのExcelプログラミング活用により、大幅な生産性向上が実現できます。少ない予算で問題解決を図りたい、そんな企業を応援するため、2007年、「小さな会社の業務効率化に、高額投資は不要!」を経営理念に掲げ、東京杉並区で設立しました。

【スキルアップ育成の取り組み】
◆社内オンライン研修
Excel基礎、プログラミング基礎、システム設計スキルなど、月に2回程度のオンライン研修を開催。
全国のスタッフが一同に集結する研修で、横の繋がりを作る場にもなっています。

◆実践から学ぶため、「トライアル課題」にチャレンジ
売上集計レポート、前年対比レポート、商品別ランキング集計など、
実際にご依頼いただいた多数の案件の中から、最も多いご依頼をもとに、
実力チェック用の教材カリキュラムを作成しチャレンジ。その結果に対して「添削マンツーマン指導」を行っています。

◆資格奨励制度
実務と密接な関係のある資格取得を奨励。受験料負担に加え、報酬アドバンテージを用意し、モチベーションアップを働きかけます。

◆SEO検定試験など全額負担
目的と上限を定め、承認制度により、
書籍購入費の負担や、各種セミナー参加費用を負担。
学びたい意欲のある方、頑張る方を精一杯、応援します!

【女性エンジニアの採用】
エンジニア不足を解消するためには女性の参画が鍵です。
プログラム開発やデザインワークは、在宅で都合の良い時間帯に働きながら仕事や勉強ができるという利点を生かし、女性エンジニア育成にさらなる働きかけを行いたいと考えています。

スタッフが全国各地に居住し、子育て中の女性も大勢います。女性スタッフによる女性目線のアイデアから、日頃の感謝を込め、ささやかながら季節の食材やスイーツ、マスクなどを届け、労をねぎらっています。好評なので、今後も続けていきたいと考えています。

編集後記

Excelが好きという思いで、管理職から業務委託という働き方を選んだ橋本さん。自分の得意分野で勝負していきたいという潔さがすてきだなと思いました。子育てと仕事の両立ができる在宅でのExcelシステム開発という仕事も興味深かったです。気になる方は、ぜひセルネッツのサイトをご覧くださいね。

SNSへのシェアをお願いします!