【Firebase】Analyticsの情報をデータポータルで確認する方法③

0

データポータルの編集画面で、実際にレポートを作成する方法をご紹介します。

やりたいこと

・イベントに関係する内容を一覧で確認したい

完成図

使い方

1.表の作成方法

①画面上部のメニューで「グラフを追加」をクリックし、「表」を選択します

②画面右側にプロパティが表示されるので、下記内容で設定を行います

設定内容

■ディメンション:

Event Date
Event Name
Event Param Name
Event Param Value(String)

■指標:

Event Param Value

■並べ替え:

Event Date、昇順

③表がキャンパスに挿入されます

2.フィルタの作成方法

①画面上部のメニューで「フィルタオプション」を選択します

②画面右側にプロパティが表示されるので、下記内容で設定を行います

■ディメンション:Event Name

※スコアカードの作成方法はこちらを参照してください

【Firebase】Analyticsの情報をデータポータルで確認する方法②
データポータルの編集画面で、実際にレポートを作成する方法をご紹介します。やりたいこと・日別(Event Date)のイベント数をグラフで確認したい・日付範囲を指定できるようにしたい ...

3.フィールド名について

下記①②のフィールド名は、内容が同じでも名前が少し違うものがあるので、混乱する場合があります。

①データポータルのフィールド名
②BigQueryのフィールド名

①と②の相互関係を一覧でまとめましたので、参考にしてください。
*は繰り返しデータです

データポータルのフィールド名指標/ディメンションタイプBigQueryのフィールド名
1event value(USD)指標通貨(USD)event_value_in_usd
2event param value指標数値*event_params.value. int_value
3conversionディメンションプール値該当なし
4unique users指標数値該当なし
5event count指標数値該当なし
6days since first touch指標数値該当なし
7event time offsetディメンション数値該当なし
8event dateディメンション日付event_date
9event timeディメンション数値event_timestamp
10event nameディメンションテキストevent_name
11event param nameディメンションテキスト*event_params. key
12event param value(String)ディメンションテキスト*event_params.value. string_value
13event previous timeディメンション数値event_previous_timestamp
14user idディメンションテキストuser_id
15user pseudo idディメンションテキストuser_pseudo_id
16user property nameディメンションテキスト*user_properties. key
17user property value(String)ディメンションテキスト*user_properties.value. string_value
18user property value(integer)指標数値*user_properties.value. int_value
19user property value(Double)指標数値*user_properties.value. double_value
20first touch timeディメンション数値user_first_touch_timestamp
21LTV Revenue指標通貨(USD)user_ltv. revenue
22LTV Currencyディメンションテキストuser_ltv. currency
23Deveice Categoryディメンションテキストdevice. category
24Mobile Brand Nameディメンションテキストdevice. mobile_brand_name
25Mobile Model Nameディメンションテキストdevice. mobile_model_name
26Mobile Marketing Nameディメンションテキストdevice. mobile_marketing_name
27Deveice Model(OS)ディメンションテキストdevice. mobile_os_hardware_model
28OSディメンションテキストdevice. operating_system
29OS Versionディメンションテキストdevice. operating_system_version
30Vender Device IDディメンションテキストdevice. vendor_id
31Advertising IDディメンションテキストdevice. advertising_id
32Languageディメンションテキストdevice. language
33Limit Ad tracking Enabledディメンションテキストdevice. is_limited_ad_tracking
34Time Zone Offsetディメンション数値device. time_zone_offset_seconds
35Continentディメンション大陸geo. continent
36Countryディメンションgeo. country
37Regionディメンション地域geo. region
38Cityディメンション都市geo. city
39App IDディメンションテキストapp_info. id
40App Versionディメンションテキストapp_info. version
41Firebase App IDディメンションテキストapp_info. firebase_app_id
42App install Sourceディメンションテキストapp_info. install_source
43Acquired Campaignディメンションテキストtraffic_source. name
44Acquired Mediumディメンションテキストtraffic_source. medium
45Acquired Sourceディメンションテキストtraffic_source. source
46Stream IDディメンションテキストstream_id
47Platformディメンションテキストplatform

関連する記事

【Firebase】Analyticsの情報をデータポータルで確認する方法①
(データポータルとBigQueryと連携する方法)

【Firebase】Analyticsの情報をデータポータルで確認する方法②
(データポータルでグラフを作成する方法)

0
メールマガジン登録

最新記事・在宅ワークのためのお得情報をお届けします。

技術情報 在宅エンジニアに挑戦
記事をシェアする
在宅で子育てしながら働く子育てワーカーを応援するメディア【はたママ】
タイトルとURLをコピーしました