Firebaseプロジェクトを削除→復元でデータは消えるのか?

0

Firebaseのプロジェクトを誤って削除してしまった場合アナリティクスなどのデータは戻せるのだろうか?と、ふと思ったので検証してみました。

前提

  • 2019/9/15時点で作成したFirebaseプロジェクト
  • サンプル用にAndroidアプリを連携済み(FirebaseSDKは下記の通り)
    • classpath ‘com.google.gms:google-services:4.3.2’
    • implementation ‘com.google.firebase:firebase-analytics:17.2.0’

アプリからビーコン送信

まず、アプリから自動イベントと適当なイベントを送信します。

実装方法はこちらのドキュメントを参照してください。

今回用意したアプリは、

何も面白いことはしてません!(すみません。。)

飛ばしているイベントは下記の3種類。

  • 自動イベント(first_openopenとなど)
  • 自動のスクリーンビュー(スクリーン名などは特に設定してない)
  • イベント(イベント名は固定)

いざ、削除

まず、アプリの情報が飛んでいるかを確認します。

確認出来たら、プロジェクトの設定を開きます。

プロジェクトの設定画面の一番下にある “プロジェクトを削除” をクリックします。

本当にいいのかね?と尋ねられるので、すべてにチェックを入れて

恐る恐る“プロジェクトの削除” をクリック

カタカタ(((´・Д・`)))プルプル

Firebaseのプロジェクト一覧に戻ったので、削除完了なのかな?

プロジェクトを復元

GCPに移動します。

Google Cloud プラットフォーム
Google Cloud Platform では、Google と同じインフラストラクチャでアプリケーション、ウェブサイト、サービスを構築、導入、拡大することができます。

プロジェクト名(下の画像のMy First Project)をクリックして、プロジェクト一覧を表示します。

「新しいプロジェクト」の右側の3点ボタンをクリックしてメニューを表示させて

 “リソースを管理” をクリックしてすべてのプロジェクトリソースを表示させます。

一番下にある “○○個のリソースが削除保留中です” をクリックします。

先ほど削除したプロジェクトがありました!

このプロジェクトにチェックを入れて “復元” を選択します!

本当に復元しちゃう?と出るので、再び “復元” をクリック!

再び、Firebaseのプロジェクトに戻って、リロードすると、、、

無事戻ってました!

さて、肝心のデータですが、

ストリームビューベースではありますが、

ちゃんとデータは入ったままでした!

まとめ

単純にGCPのシャットダウンと同じことなのかな?

Analyticsの連携解除とは別でデータが消えることはなさそうです。

Analyticsの連携解除の記事はこちら

0
タイトルとURLをコピーしました